ほうれい線 消す方法|ほうれい線を消す方法

ほうれい線を消す方法から、効果的なサプリやコスメ・美顔器、治療方法、口コミ情報など、ほうれい線の悩みを解決する情報を総合的にご紹介!

ほうれい線を消す方法

ほうれい線の原因と対策20

ほうれい線を消す方法で確実なのは、皮膚科や美容皮膚科での処置です。

ほうれい線を消すには、ヒアルロン酸の注射・注入が最も有名です。

ヒアルロン酸を、ほうれい線の溝に直接注入することで、頬をふっくらとさせ、ほうれい線を消します。

ヒアルロン酸は、元々、身体の中にある成分なので安全ですし、即効性があるのが人気の所以のようです。

また外科手術による方法も、ほうれい線を消すのに有効です。

昨今では、容大国アメリカで開発されたサーマクールというRF(高周波)を用いて肌のたるみやしわを改善する治療器が注目されています。

手術することなく、安全で、肌の内部からリフトアップさせることができ、ほうれい線を消すのに高い効果が期待でき、更に効果は長く持続するようです。

ほうれい線と活性酸素対策

ほうれい線の原因と対策27

ほうれい線を消すためには、活性酸素対策も大切です。

ほうれい線の原因としては、加齢、紫外線、乾燥、ストレス、バランスの悪い食事、ビタミンC不足、コラーゲン不足などが上げられるため、活性酸素対策することで、改善が期待できます。

酸化を防ぎ、活性酸素対策をするためには、抗酸化物質が有効で、ほうれい線だけでなく、老化の予防にもなりますので、積極的に摂りましょう。

抗酸化作用を持つ成分は、ポリフェノール類、カロチノイド、ビタミンC、ビタミンE、ゴマリグナンなどで、アンチエイジングにも役立つ話題の成分です。

抗酸化物質は、殆どが、野菜や果物に含まれているので、好き嫌いなく、バランス良く、野菜や魚中心の和食を基本とした食生活を心がけると良いでしょう。

食事からでは摂りきれない成分は、サプリメントなども上手に活用し、必要量を補いましょう。

また、肌の老化の原因の7割は、紫外線であると言われていますので、ほうれい線の予防も兼ねて紫外線対策は万全にし、正しいスキンケアで保湿を心がけましょう。

ほうれい線と日焼け止めクリーム

ほうれい線の原因と対策04

ほうれい線の予防や改善には、日焼け止めクリームも上手に活用しましょう。

ほうれい線の原因の一つに、紫外線がありますので、紫外線対策は必須です。

日焼け止めには、SPF値とPA値がありますので、用途に合ったものを選ぶようにしましょう。

SPF50+が、日本では最大値で、このSPFの値が高いほど、紫外線の中波長(UVB)を防ぐ効果が高くなります。

PAは、紫外線の長波長(UVA)を防止する指数で、+の数で、三段階の表示となります。

UVAは、皮膚の深くまで届いて皮膚を黒くし、遺伝子を傷付けます。

UVBは、皮膚を赤く日焼けさせ、皮膚がんを誘発します。

日焼け止めは、塗る量が少ないと紫外線予防効果が低くなってしまいますから、決められた量をたっぷりと塗るようにしましょう。

また、日焼け止めクリームは効果が高いほど酸化しやすく、しわやしみの元となる傾向にありますので、陽射しの弱い時は効果の弱いものを使用するなどの工夫をしましょう。


ほうれい線を消す方法TOPへ

ほうれい線の基礎知識

ほうれい線対策

ほうれい線治療

当サイトについて