ほうれい線 たるみ|ほうれい線を消す方法

ほうれい線を消す方法から、効果的なサプリやコスメ・美顔器、治療方法、口コミ情報など、ほうれい線の悩みを解決する情報を総合的にご紹介!

ほうれい線とたるみ

ほうれい線の原因と対策33

ほうれい線は、頬のたるみが原因となって深く真皮まで刻まれます。

頬のたるみは、加齢や表情筋の衰えなどが原因でハリや弾力の無くなった肌が、重力耐え切れずに、下がってくるために起こります。

表情筋は、無表情でいたりすることで衰えます。

また、首の筋肉の衰えも、ほうれい線の原因となります。

加齢の場合、コラーゲンが減少し、水分の保持ができなくなることで、肌の弾力が失われ、たるみとなります。

老化は、活性酸素によっても引き起こされるので要注意です。

たるみによるしわを防止したい場合には、紫外線対策、活性酸素の除去、小まめな水分補給、ビタミンCをしっかり摂る、肌の保湿を重点的に行う、フェイスマッサージや、表情筋の筋トレなどが有効です。

ボトックス注射と塗るボトックス

ほうれい線の原因と対策14

ほうれい線には、ボトックス注射は不向きのようです。

ボトックス注射は、皮膚科や美容皮膚科などで処置を受けることができる、プチ整形で、筋肉の過剰な収縮によるしわなどに使用されることが多く、眉間や額の深いしわなどに有効のようです。

ボトックスには、コラーゲンやエラスチンを増加させる作用もあるため、しわの治療に効果を発揮しますが、残念ながら、頬のハリがなくなり垂れ下がってできる、ほうれい線には不向きです。

ほうれい線への注射・注入の場合は、ヒアルロン酸を入れ、頬をふっくらさせて、ほうれい線を目立たなくさせる方法となります。

しかし、塗るボトックスとして販売されている、アルジルリン配合の美容液などは、ほうれい線に効果的です。

塗るボトックスとしては、「アルジェアクション」や「リクレイム」「ビバリーグレン」などが、ほうれい線に効果が高いと話題になっています。

フォトフェイシャルはほうれい線にも効く?

ほうれい線の原因と対策28

ほうれい線へのフォトフェイシャルの効果は、今ひとつのようです。

フォトフェイシャルは、アメリカで1998年に開発された特殊な光を使う治療方法です。

IPL(インテルス・パルス・ライト、Intense Pulsed Light)は、幅の広い波長の弱い光で、肌を活性化させる働きがあります。

痛みもなく、広範囲の、しわの治療ができます。

フォトフェイシャルは、コラーゲン線維を増やすことができるなど、真皮層のコラーゲンを増殖させ、水分の保水量を高めることで、しわやたるみを改善します。

しかし、ほうれい線や眉間などの深いしわへの治療としては、効果はあまり得られないようです。

フォトフェイシャルは、目元の、ちりめんじわ、からすの足跡といったしわに効果的です。

また、フォトフェイシャルは、保湿力を高め、肌に弾力やハリをもたらすため、小じわが減るだけでなく、さまざまな肌のトラブルを改善し若々しい美肌を作るのにも有効です。


ほうれい線を消す方法TOPへ

ほうれい線の基礎知識

ほうれい線対策

ほうれい線治療

当サイトについて